しずおか優良木材供給センターとは

品質の確かな「しずおか優良木材」の安定供給に向けて取り組んでいる、しずおか優良木材認証審査会から認定工場として登録された製材工場23社と静岡県森林組合連合会、静岡県木材協同組合連合会で成り立っています。
しずおか優良木材供給センターの製品は自社管理により出荷でき、さらに県や各市町の住宅建設資金の助成制度への対応もスムーズに行うことができます。
皆さんも認定工場の「しずおか優良木材」を、ぜひ住まいづくりにお役立てください。

しずおか優良木材供給センター

目的

センターは、品質・性能の確かな県産製材品の安定的な供給体制の構築を通して、住宅生産関連業者や原木供給者との連携を強化し、各種の情報発信による新たなマーケティング活動を展開するとともに、一般消費者に解り易い情報の公開や県産材を使用する意義・メリット等のPRを進め、木材(木造住宅)のファンづくりを積極的に推進するなど、上下流の連携を視野に入れた多角的な取組により、県産材の利用促進を図ることを目的とする。

事業

目的を達成するため、次の事業を行う。

  1. 認証製品の供給及び出荷体制の整備に関する事業
  2. 認証製品の普及に関する事業
  3. しずおか優良木材認証審査会の設置等に関する事業
  4. その他供給センター事業の目的を達成するために必要な事業

規約

しずおか優良木材供給センター規約(PDF)